基本給の高い求人を探そう

看護師として働く上で、背に腹を変えられないのが、賃金の問題です。

医療介護の仕事で、お金の話は、タブーのような感覚もあるかもしれませんが、この問題を曖昧にしたまま、働いてしまうと、事業所も、看護師も、マイナスにしかなりません。

 

なぜなら、仲間意識の強い看護師たちは、働いているうちに、この業界の平均的な賃金の額を感じています。

 

そして、同じ仕事をするのなら、やはり、基本給が高い職場に勤めるほうが、俄然、やりがいが出るわけで、もし、その逆で、思ったより、賃金が低いとなれば、看護師の働く意欲は、失われていきます。

 

ですから、看護師が、その職場で長く勤めていくためには、能力に見合った基本給を得て、仕事にやりがいを持てることが重要なのです。

 

 

看護師の離職率は、高く、社会問題にもなっています。

 

看護師が仕事を辞める理由は、様々なのですが、その中でも、「報酬が低い」という理由が、大半を占めています。

 

 

そこで、看護師の離職を防ぐために、ナース人材バンクが登場します。

普通の転職活動と比べて、ナース人材バンクの求人の基本給は、高くなります。

それには、きちんとした理由があります。

次に、ナース人材バンクの求人の基本給が高くなる理由について、わかりやすく説明しますので、これからの転職活動の参考にしてください。

一般的な求人の基本給は、応募最低ライン

看護師の求人情報は、巷にも溢れています。

けれど、一般的な求人を利用して個人で転職した場合、看護師の報酬は、公に提示された求人の基本給に決まります。

この求人の場合、基本給は、割と低めに設定してあり、他の求人と、殆ど変らない数字が並ぶ傾向があります。

 

それは、少しでも、看護師の応募が多くなるように、事業所側の採用枠を広げ、最低ラインの能力基準で求人を出すことと、他社とある一線を越えない基本給設定という暗黙の調整が行われているからです。

ですから、求人の基本給は、最低ラインの採用を想定した額になります。

ナース人材バンクの求人の基本給は、能力プラス

そして、ナース人材バンクの求人では、本来、事業所が欲しい看護師レベルを想定して、基本給を決めています。

 

つまり、たくさんの応募は必要ないわけで、その看護師に的を絞った求人になります。
ですから、ナース人材バンクを利用して就職した場合、その看護師レベルの基本給が、初めから獲得できることになります。

これだけでも、看護師の基本給には、大きなプラスが生じます。

ナース人材バンクの求人の基本給は、希望もプラス

その上、ナース人材バンクの求人の基本給には、もうひとつ、重要な条件が考慮されます。

 

それが、転職する看護師側の希望額です。

 

ナース人材バンクには、キャリアパートナーという雇用条件などを交渉するプロがいます。

 

このキャリアパートナーが、看護師の希望を先方に伝え、先方と協議して、お互いが納得できる基本給の額を決めてきます。

 

ですから、ナース人材バンクを利用して転職すると、基本給が高くなる条件が二重にプラスされるのです。

ナース人材バンクを利用して安心できる転職をしよう

 

看護師の業務は、気が休まる暇がないと言われ、辛い仕事の代名詞です。

 

常に、その技術や知識を勉強して、症例を経験して、キャリアアップしていきます。
看護師としてレベルが上がったのなら、それに見合った基本給を得ることは、当然の権利と考えます。

なのに、看護師が転職する度、基本給が下がるようでは、その転職の目的さえ、失い兼ねません。

 

当初、転職の希望が賃金に関することでなくても、その転職に寄って、看護師の基本給が下がってしまえば、今度は、報酬を理由に転職をしなければならなくなるはずです。

 

 

ですから、看護師の転職には、ナース人材バンクを利用して、能力に見合った基本給からスタートすることが、とても重要になります。

 

転職する看護師は、安心できる職場を求めて、そして、次に就職した職場では、「今度は、長く働き続けたい」と、思っているでしょう。

 

そんな看護師の思いを裏切らない求人が、ナース人材バンクには、たくさんありますので、これから紹介するナースバンクを利用して、基本給の高い求人を探してください。
それが、安心できる転職に繋がります。