夜勤は、看護師として必須条件?

医療介護業界の仕事は、働く側の体調管理がとても大切です。

 

少しでも、身体に不調を感じたら、十分な仕事ができません。

 

それでも、看護師には、常に、睡眠不足や過労、不規則な生活リズムが付き纏います。

 

これで、「体調管理をせよ」というハードなカリュキュラムがあるのですから、看護師の体調管理は、とても、ハードルが高いものになります。

 

 

けれど、看護師だからと言って、無限に体力や健康が続くわけでは、ありません。

どんなに優秀な看護師も加齢や過労の影響で、自身の身体を気遣わなければならないときがあるのです。

 

そして、そのときの看護師が、どのように対処するのかによって、今後の看護師人生が決まります。

 

なぜなら、看護師の体調が万全であるからこそ、より良い看護ができるわけで、体調不安を抱えた看護師が無理をしても、良い仕事ができるはずもなく、そうなれば、きっと、看護師としての評価も納得できないものになるでしょう。

 

ですから、看護師は、自身の体調管理を考慮し、その状態に応じた仕事を選ばねばならない時期があります。

 

時には、夜勤のない生活リズムを取り戻し、体調を整える必要もあるでしょう。

 

これから、そんな看護師の悩みを解決するナース人材バンクについて、紹介しますので、ぜひ、参考にしてください。

体調不安があるときは、夜勤なしの勤務で

看護師の不眠や過労の改善には、まず、生活リズムを整えることが必要になります。

二十四時間の仕事から脱却するために、まず、夜勤なしの勤務を希望しましょう。

 

そして、朝、起きて、夜、寝るという普通の生活を取り戻します。

 

けれど、夜勤を多く勤めていた看護師にとって、この何気ない生活が、とても苦痛に感じることがあります。

 

そのときは、看護師の体調に赤信号が点っていたことを意味します。
それは、看護師の身体が不規則な生活に慣れてしまい、体調を崩しかねないリスクが溜まっているのに、その自覚ができない状態に陥っていることを意味するからです。

 

本当は、そうなる前に、夜勤なしの勤務を選択しなければなりません。

 

 

きっと、真面目な看護師であればあるほど、夜勤を続けることに対し、自身の体調に不安を感じているはずです。

 

ですから、看護師は、万全な体調で仕事に取り組むためには、夜勤なしの勤務も必要なことがあると認識しておきましょう。

夜勤なしでも、高報酬の求人があるナース人材バンク

「夜勤なしで仕事をしたいけれど、夜勤手当がなくなるのは、困る」

 

もし、現在の職場で、夜勤のない勤務を望むことにより、報酬が下がってしまうデメリットがあるのでしたら、転職も視野に入れて欲しいと思います。

 

 

看護師の体調と報酬の問題が生じる場合、まず、一番に体調を優先しなければなりませんが、夜勤なしの勤務により、看護師に経済的問題が生じるようでは、結局、看護師は、体調不安を抱えたまま、無理な仕事を背負う悪循環に陥ります。

 

そして、そのような悪循環を断ち切るために、ナース人材バンクのサービスがあるのです。

 

 

ナース人材バンクには、多くの夜勤なしを条件にした求人が集まっていて、夜勤なしの求人も看護師の基本給が高く設定されています。

 

さらに、ナース人材バンクの求人は、一般の求人と違い、元々の報酬設定が高くなっている上に、キャリアパートナーという交渉係があり、看護師の希望を事業所側へ伝えるサービスを行っています。

 

つまり、夜勤なしの条件でも、現在の報酬額を参考に、看護師は、希望の報酬を、遠慮なく先方の事業所に交渉することができるのです。

 

ナース人材バンクを利用して、体調不安をなくそう

看護師にとって、自身の体調管理は、重要なひとつの業務です。

 

より良い看護は、看護師の万全な体調から齎されてきます。

 

なのに、多くの看護師が体調を後回しにして、無理な勤務に入ってしまい、体調を崩すケースが後を絶ちません。

 

ですから、看護師は、不眠や過労、体調不安に陥らないように柔軟な勤務の選択肢を持つ必要があります。

 

これからも長く、看護師として働くために、夜勤なしの勤務が必要であることを忘れないでいきましょう。

 

そして、経済的な問題が生じない、夜勤なしの勤務を選ぶ方法がナース人材バンクには、ありますので、ぜひ、利用して欲しいと思います。