未経験の看護師の転職は、厳しい?

医療介護業界の転職は、どうしても即戦力として、看護師を求める事業所が目立ち、未経験看護師の転職の場合、採用の入口まで辿り着けないような厳しい話があります。

 

また、未経験看護師は、自身の能力不足を認識しているため、控え目な転職活動になりがちです。

 

  • 「日曜日に休みが欲しい」
  • 「残業ができない」

未経験看護師は、本来、様々な事情があっても、希望の雇用条件が言い出せず、少しでも、採用されそうな求人にしがみ付く傾向もありました。

 

そのような転職をしてしまった未経験看護師は、十分な新人教育を受けらないことも多く、そうなれば、専門的な技術や知識が不足するわけですから、仕事ひとつひとつに悩むことになります。

 

そらに、看護師自身が我慢した雇用条件のために、仕事自体を続けることが難しくなり、やがて、未経験看護師は、短期間で、その職場を去ってしまいます。

 

 

そんな転職事例にならないために、今、ナース人材バンクがあります。

 

ナース人材バンクは、社会問題になっている看護師の離職問題に向き合うサービスです。

これから、ナース人材バンクを利用することで、未経験看護師の転職が、スムーズに進む理由を説明していきますので、今後の参考にしてください。

実は、未経験看護師を求める求人がある

ナース人材バンクは、看護師を求める事業所と契約して、多くの求人を集めています。

 

医療介護業界の事業所の中には、様々な団体があって、その団体の特徴に適した看護師を採用したいという希望があります。

 

一般に公開される求人と違い、ナース人材バンクに集まる求人の中には、「一から看護師を育てたい」という募集もあるのです。

 

通常、一般に公開される求人では、採用したい看護師の条件を細かく設定することができないため、実は、事業所側も困っていたのです。

一般の求人は、わかりにくい

一般に公開される看護師の求人は、簡単な求人情報のみで、応募する看護師側にとっても、「この求人は、未経験でも大丈夫なのだろうか」と迷うことが多くありました。
実は、未経験看護師の転職が難しいと言われる原因は、ここにあります。

 

未経験看護師の求人が極端に少ないのでは、なく、この混ざった求人情報の中で、転職する未経験看護師に、適切な求人が届いていなかったのです。

 

一見、求人を見れば、未経験看護師の応募も可能のような案件が多く、それでも、未経験看護師が応募すれば、「実は、経験者を求めていた」と、不採用です。

 

そして、事業所側も、求人に対し、的外れな応募となり、落胆したはずです。

 

つまり、この問題は、未経験看護師側に、適切な求人情報が届いていないため、起こっているミスマッチが原因と言えます。

>>ナース人材バンク登録はこちらから

ナース人材バンクの求人は、欲しい看護師が決まっている

その点、ナース人材バンクと契約した事業所は、事業所が求める看護師の条件を、細かく設定することができますので、応募する看護師とのミスマッチを防ぐことができます。

 

そんなメリットが医療介護業界に広がり、今では、ナース人材バンクに集まる求人の量は、一般の求人よりも多くなりました。

 

また、非公開の求人も多く、ナース人材バンクに看護師の選定を任せた求人も増えています。

 

そして、この非公開の求人の中にこそ、より細かく看護師の条件を指定した未経験看護師の求人が、多く、含まれているのです。

>>ナース人材バンク登録はこちらから

未経験看護師は、ナース人材バンクで転職活動をしよう

始めから未経験看護師を希望する事業所と、何も指定がない事業所に応募するのでは、全然、感覚が違います。

 

未経験看護師を求めている事業所に応募するのですから、未経験であっても、看護師は、堂々と、就職後の教育体制や雇用条件を確かめられるはずです。

また、未経験看護師の場合、医療介護業界の雇用について、知識に不安があるかもしれませんが、これも、ナース人材バンクを利用すれば、問題ありません。

ナース人材バンクには、キャリアパートナーという交渉のプロがあり、未経験看護師に代わって、希望の雇用条件を交渉してくれるサービスがあります。

 

つまり、未経験看護師だからこそ、求人情報がわかりやすく、キャリアパートナーがいるナース人材バンクの利用が必要ということになります。

>>ナース人材バンク登録はこちらから